気になる白髪染めの事

白髪染めのマーケットを牽引するのは何といってもミドルやシニア。白髪事情のいろいろや日本市場の現状を考えてみます。

遺伝を気にするより食習慣からの見直しを。

白髪染めを使う以前に、白髪染めを使わなくて済む方法はないものかと考える人も多いのではないでしょうか。

さまざまな研究開発がすすむ白髪染め製品は、ひと昔前にくらべると格段に使いやすく、手軽になったとはいえ、面倒であることに変わりはありません。

また一度白髪染めを使って白髪を隠してしまうと、今度は小まめに染めていかないと気が済まなくなり、「隠し通すのが辛い」などという人もいます。

白髪のことでこんな悩みを抱えてしまうと、それがまた白髪を生む元になりますので、ストレスにならないよう、適度に明るい割り切りを心がけたいものです。

白髪の3大要因として「ストレス」、「加齢」、「遺伝的要素」があげられていますが、遺伝や加齢による白髪であっても、適度なヘアケアと生活習慣の改善、とくに食習慣の見直しを行っていくことで白髪の量が抑えられることもあるといわれています。

また遺伝的とはいえ、代々の人たちがストレスにさらされない生活を送ってきたのか、また外的環境を受け入れるメンタリティがどうであったかは、身内といえども深く知ることは困難です。

遺伝と思われることでも、個人の性格が色濃く反映されている場合がありますから、簡単にそうだとあきらめたり割り切ったりするのはやめましょう。

食生活が不規則になって栄養摂取が十分でないと、たとえばカルシウム不足で抜け毛が増え、それが心配のタネとなって白髪になる人もいます。

脳内の働きが弱って毛根に十分な活性ホルモンを送れないと、それが原因の1つとなって白髪をつくってしまうこともあります。

その他、内臓がうまく機能しなくなったり、カルシウムの吸収力が落ちることで色素細胞や骨・歯にも影響して白髪を生み出す基礎をつくってしまいます。

結局のところ白髪の有無は、複合的な要素が重なりあって決まります。

白髪染めを使ってキレイにムラなく染めきろうとする必要もありません。

多少の染め残しがあっても、そのほうが自然で好感度があがると自負する人もいます。

まずは食生活、ストレスをためない日常、そして適度な白髪染めとの付き合い~。

その辺の割り切りで良いのではないでしょうか。

Comments are currently closed.