気になる白髪染めの事

白髪染めのマーケットを牽引するのは何といってもミドルやシニア。白髪事情のいろいろや日本市場の現状を考えてみます。

フェオメラニン効果って、どんな効果!?

白髪染めメーカーには、すでにこのような事例は届いているでしょうが、白血病患者の治療を行っている海外の科学者チームが、ある抗がん剤を患者に投与したところ、そのうちの何人かの患者が、「進行中の白髪頭が回復を示した」とか、「喫煙が早期の白髪の原因となる可能性があることがわかった」といった別の研究者からのレポートが相次いで発表されたりしています。

この研究で喫煙者と非喫煙者を比較したところ、タバコを吸っている人は吸っていない人の4倍の確率で「若年期に白髪が発生する」というのです。

喫煙者にとってはまた肩身が狭くなるようなレポートですが、前例の白髪と白血病の偶然については、朗報といえそうな報告です。

偶然とはいえ、抗ガン剤と白髪の関係が科学的に解明できれば、白髪染めメーカーにとってもまた1つ製品開発の大きな足がかりを得たようなものです。

これらの研究者によると、死者であっても毛髪は長い時間をかけて変色していくことがあり得るそうで、そもそも髪の毛には、黒褐色のユーメラニンとともに赤橙色のフェオメラニンという成分が含まれていて、この2つの成分が髪の毛の進行(白髪)に影響を与えているといいます。

ちなみにフェオメラニンは、ユーメラニンよりもはるかに安定した成分で、毛髪に含まれるフェオメラニンは、ユーメラニンにくらべて長期間保存される特性があるのだそうです。

これからは、白髪染めの製品に、「フェオメラニン効果で長持ち!」なんていうキャッチフレーズが増えるかも知れません。

関連リンク⇒http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1113562711

Comments are currently closed.